どう選べばいい?電子タバコに変えるメリットと自分に最適な商品の見つけ方

admin

電子タバコならではメリット

健康意識が高まっている中で、周囲や自分の体への配慮を理由に従来の紙巻タバコから電子タバコへと移行する人が増えてきています。英語でvapeと呼ばれるこの電子タバコは内蔵されている変霧器、バッテリー、カートリッジの3つのパーツを組み合わせて発生した電気の力で発生した水蒸気を吸うタバコです。従来のタバコのように火を使う必要がないことで安全性が高く、燃焼や喫煙者から発せられる副流煙で周囲に迷惑を掛けなくて済むというメリットがあります。

電子タバコにするメリットは安全や周囲への影響だけではありません。専用のリキッドのフレーバーは需要の増加と共に種類が豊富になってきているので、気分によって様々な味を楽しむことができます。電子タバコは最初の本体を購入に若干の費用が掛かりますが、その後はリキッド費用の少ない出費で済むのが特徴です。従来の紙巻タバコの愛用者の中には値段の高騰を理由に止める人もいますが、電子タバコであれば費用の心配をすることなく吸い続けていけます。

数種類の中から選ぶことができるリキッド充填式

電子タバコの本体の中でも比較的多くの人が愛用しているのがリキッド充填式です。こちらは別途販売されているリキッドを注入していくタイプになります。充填式はセラミック、ボトム、トップと3種類のコイルに分かれているのが特徴です。セラミックコイルは使用に伴う雑味や焦げ臭さがなく、リキッド本来の味を楽しむことができます。購入時に貰えるシリアルナンバーを登録しておけば、盗難や紛失などのトラブルがあった時に対応してくれるのも魅力です。

ボトム式は文字通り本体の底部分からリキッドを供給して蒸発させるタイプで、本格的な電子タバコが楽しめることで愛用者が増えています。こちらもセラミックと同様に、シリアルナンバーの登録でトラブルの対応が受けられるので万が一の時でも安心です。最後のトップコイルはリキッドを入れる変霧器とコイルが一体化していることで初めての人でも気軽に扱えるのが魅力になります。サイズがコンパクトで持ち運びの邪魔にならない点もポイントです。

面倒な手入れが苦手な人に最適な使い捨て

前述したリキッド充填式は最初に本体を購入すればずっと使い続けられますが、清掃など定期的に手入れをしなくてはいけません。こうした手入れが煩わしく感じる人に最適となるのが使い捨て式の電子タバコです。従来の紙巻タバコと同様に、吸いたい時に箱から1本ずつ取り出して、煙が出なくなったら処分するという形になります。充電や手入れが不要で気軽に吸える反面、トータルの費用で高くなってしまうこともあるので注意が必要です。

juulはアメリカで人気の電子タバコです。見た目のスタイリッシュさと手軽なのに満足感を得やすいところが世界でも注目されています。