電子タバコの良いところって何?電子タバコのメリット

admin

健康に関する被害が少ない

紙のタバコにはニコチンが入っているため、健康に関する被害が大きいというデメリットがあります。紙のタバコを吸っていると、がんが発症するリスクも高いと考えられています。それに対して日本で販売されている電子タバコには、ニコチンが含まれていません。プロピレングリコールやグリセリンといった成分が含まれているだけなので、体に悪影響を及ぼす可能性は低いでしょう。そのため健康を考えて紙のタバコから電子タバコに変更してみるのは良い方法だと言えます。特に持病を持っている人は、紙のタバコではなく電子タバコを選択するのがおすすめです。

経済的な面でのメリットがある

紙のタバコは1箱買うのに400円以上の支払いが必要になります。1日に1箱消費する場合、1ヵ月での出費は大きくなるでしょう。それに対して電子タバコは購入費用が安価です。1ヵ月分の紙のタバコを買うよりも電子タバコを1本買う方が安く済みます。味を変えるためにフレーバーを何度が買うこともありますが、それでも紙のタバコを買うよりも安価で済むでしょう。長期的な視点で考えれば、紙のタバコを何年も吸い続けるよりも電子タバコを利用する方が経済的なメリットが大きいです。紙のタバコに消費するはずだった金銭を別の趣味に使えるのも、魅力的なポイントだと言えます。

ニオイや煙での悪影響がない

紙のタバコはニオイがきつく、室内にタバコのニオイが充満してしまいます。タバコの苦手な人が部屋から出たくなるくらいの強烈なニオイは、消臭アイテムを使っても消えないこともあります。それに対して電子タバコにはニコチンが含まれていないので、タバコ特有の臭さはありません。代わりにフレーバーの良いニオイが部屋に広がります。例えばストロベリーのフレーバーを吸っていれば、部屋にストロベリーのニオイが広がるでしょう。

煙が出ないのも電子タバコのメリットです。紙のタバコは煙が出るため、受動喫煙の危険性があります。それに対して電子タバコは煙が出ないため、周囲の人に悪影響を及ぼす心配がありません。そのため子どもや高齢者が一緒に住んでいる家庭でも、電子タバコは安心して使用できます。煙が出ないので、部屋の壁にヤニ汚れが付着する可能性もないでしょう。

好きなフレーバーを楽しめる

電子タバコには多くのフレーバーがあります。その多くのフレーバーの中から好きなものを選んで楽しむことができます。電子タバコはリキッドを付け替えるだけでフレーバーを変えることができるため、複数のフレーバーを所持して気分によって味を変えられるでしょう。甘い系のフレーバーもあるため、非喫煙者でも気軽に楽しめるというメリットもあります。

ニコチンリキッドは日本の法律で所持が制限されているニコチンが含まれているので、店舗で購入することはできません。入手するには外国の業者から個人輸入の形で購入する必要があります。