自分にはどれが合う?眼鏡のデザインと失敗しない選び方

admin

眼鏡を選ぶ時に意識するポイント

視力の矯正やファッションなど、様々な理由で眼鏡を掛ける人が増えてきています。しかし、中には眼鏡の正しい掛け方について理解をしていない人も少なくありません。眼鏡の着用で意識すべき大事なポイントがレンズと目の位置関係で、一見あまり関係のないようにも思われますが、眼鏡は掛けた時のレンズと黒目の位置で相手に与える印象が大きく変わります。レンズの上部分に黒目があると頼りない印象に、逆に下側にあると不自然な印象になってしまうので注意が必要です。顔幅とフレームの横の長さを合わせるのが理想的と言われています。専門店以外で市販品を購入する時は、この点を意識することがポイントです。

顔の形によって異なる眼鏡のタイプ

人の顔の形は面長や丸顔など、十人十色それぞれ違います。眼鏡選びはこうした顔の形を意識することも重要です。全体が丸みを帯びている丸顔の人に向いていると言われるのがスクエアタイプです。角のあるフレームが特徴のスクエアタイプは顔のラインをスッキリと見せることができます。顎のラインが引き締まっている三角顔には眼鏡自体が強調されやすくなるため、自己主張しすぎないフレームの細いオーバルタイプが最適です。角が丸みを帯びている柔らかい印象を与えることができるウェリントンタイプは面長の顔に合っています。

ビジネススーツに合う眼鏡の種類

ファッションの一環ではなく視力の矯正を目的に眼鏡を掛けている場合に気を付けなくてはいけないのがフレームの色や素材選びです。プライベートで使用する時は自身のこだわりを重視しても問題はありません。しかし、ビジネスシーンであまりに派手過ぎるデザインや色の物を掛けてしまうと、相手に悪い印象を持たれてしまうことがあるので注意が必要です。いくつかある素材の中でも、ビジネスシーン向きと言えるのが金属フレームになります。古くから眼鏡の素材として利用されているメタル系フレームはスーツとの相性も抜群です。公務員など職業柄真面目さが求められる仕事に就いている人にも最適と言えます。

時代の移り変わりの中で上や下など一部分にフレームを使わないデザインの物も増えてきていますが、仕事においてこれはNGです。フレームのない眼鏡は印象を頼りないものにしてしまうため、ビジネスシーンでは向きません。このメタルフレームに合う色は定番の黒です。赤や黄色などは明るい印象を与えることができる反面、悪目立ちしてしまうこともあります。会議や商談など重要なシーンでは目立ち過ぎないことが重要となるので落ち着いた雰囲気の黒がベストです。

普段、メガネを掛けている人なら、外した時にギャップ萌えを狙えます。また、普段使わない人なら、たまに掛けたときに、ギャップ萌えの効果を発揮できますよ。